月別アーカイブ: 2015年5月

自分に合った枕で良い睡眠をとろう

現在使用している枕はどのような枕でしょうか。
高級なものでも安物であっても自分に合った枕を使用することが最も大事です。
自分に合わない枕を使い続けると体調を崩す結果にもなるからです。

人間の背中は側面から見ると垂直ではなく連続したS字カーブのようになっていて、これが脳や体重を無理なく支えられる姿勢を作っています。
自分に合った枕というのは寝ている時でも普通に立っている時と同じように背筋のカーブを保てるものを指します。
自分に合っていない高すぎる枕を使っていると顎が引けた状態になるので、肩や首の筋肉へ負担がかかり、頭痛や肩こりの原因になります。
逆に低すぎる枕を使うと枕が低いと心臓の高さより頭の方が低くなり頭に血が上るため、眠りが浅くなり頭痛の原因になります。

枕の硬さもポイントになります。
柔らかすぎる枕を使うと、頭が沈んだ状態かつ、枕の両側が盛り上がってバリケードの役割を果たすため寝返りが打ちづらくなります。
寝返りは体が無意識のうちに行う体のゆがみを直す運動なのでこれが出来ないと、肩こり腰痛の原因となります。

また硬すぎる枕は頭が不安定になるため、首に負担がかかったり、無意識に頭を支えようと首に緊張が続くため肩こりの原因になります。
枕ひとつをとってもこれだけの理由があります。オーダーメイドの枕を作ってくれるところもありますのでいちど検討されてはいかがでしょうか。